FC2ブログ

Authentique

ホーチミンで絶対行きたかったお店の一つです。
バチャン焼きのお店です。
バチャン焼きは伝統的な陶器ですが、北部ハノイ近くのバチャン村で焼かれているそうです。
でもこちらのお店は独自の工房がホーチミンにありホーチミンで作られています。

バチャン焼きは一宮でベトナム雑貨の商社から5年ほど前に格安で大量に購入したのでそれほど買う予定はないのですが、足りない分を購入したいと思ってました。

ただこちらのお店は高級です。
日本くらいの価格。大きなお皿で1000~3000円、お椀も500円~。
市場にあるものよりデザインや色も素敵なんで種類も数もそろいます。





テーブルセンターやランチョンマットなど布製品も他とは比べ物にならないくらい素敵。
テーブルコーディネートも素敵です。
初日に見て、まだこれから何があるかわからないからと、気に入ったテーブルセンターを買わずにいて3日後に行ったら売り切れでした。
ディスプレーのセットごと購入した人がいるみたいで・・・残念。
ランチョンマットは1000円~
テーブルセンターは7000円~
ここを見たら他が安っぽく感じてしまいます。





今回レッスンのために購入したテーブルセンター、絵柄も刺繍もクオリティーが高くお気に入りです。
150万ドンでした。


食器はデザインの古いものや色が少し薄いものなどは半額で売られていて、そこで気に入ったものがみつかればお買い得です。

市内2店舗あります。

0 Comments

Leave a comment