FC2ブログ

パリ1区 パン屋

さて再びパリに戻りました。
パリは5泊。折り返し地点です。
ここにきてまだ半分か~という感じ。

パリではパン屋さん巡るぞ~と思ってたのですが、ホテルが安いプランなのに朝食つき。
これは失敗ですね。
ついついホテルで取ってしまいました。
するともう朝からパン屋めぐりする気も起きず・・・(私以外)
パリのパン屋でカフェがあるところなんてほとんどないので、歩き食い(でもパリでは普通の風景)コーヒーのみにカフェに入るという感じになってしまいます。

追加で予約した1日目は朝食が付いていなかったのでバゲットがおいしいというお店に行きました。
パリの1区にあります。

まずは同じ通りにあるこちらもバゲットコンクールで何度も受賞しているお店です。「Philippe Gosselin」
CIMG0427.jpg
CIMG0424.jpg


美味しいお店は必ず行列ができているのですぐわかります。
もう1軒行く予定なので購入は抑え気味にバゲット1本とクロワッサン1個にしました。

CIMG0426.jpg


食べながら・・・もう1軒のお店「Julien」に向かうと・・・
なんと工事中でしたマジですか
夏休み中に改装するというのはよくある話です。
残念。こんなことならゴスリンのお店でもっと買えばよかった涙
工事のおにいさんにしつこく「いつから開店するんですか?」と聞いたら8月2日だよとの返事。
滞在中には終わらないのか~
しかもお兄さんいわく「すぐ近所のパン屋ゴスリンがあるよ。そこも同じだよ。友達だから・・」だそうです。
もう行きました・・・と心の中で思うのでした。

また次回に・・・

さてゴスリンのパンですが、クロワッサン、バターの香りがよく今回の旅行の中で食べたクロワッサンで一番美味しかったです。

何度も受賞しているバゲットですが、食べた瞬間は「普通な気がするけど、どこがNO1なんだろう」というのが正直な感想。
でもついつい手がでるおいしさ。
シンプルな味わいです。
これにたっぷりのバターとジャムを付けたらおいしいんだろうな~
あ~あのチーズと共に食べたいな~といろんなものを想像させます。
思い起こせば前回食べた「Boulanger de monge」(こちらもバゲットNO1になってます)も同じ印象。
フランス人にとってパンは毎日食べるもの。
味はシンプルでいて毎日食べたい、どんな料理にも合う、ジャムやバターにも合うものが本当においしいのかも?
というのに気づきました。


「Philippe Gosselin」
123 rue st-honore 75001 7:00~20:00 休:土

「Jean Noel Julien」
75 rue st-honore 75001 6:30~20:00 休:日


CIMG0425.jpg

0 Comments

Leave a comment