FC2ブログ

パリ・ルノートルのクロワッサン教室

パリの有名パティスリー「ルノートル」の趣味の料理・お菓子教室がシャンゼリゼにあります。
プロ用の講座はパリ郊外にあり、5日間からあるのですが、お値段も相当します。
さすがにそちらは無理なのでパリにある1日のコースに参加してきました。

場所はシャンゼリゼ通りですが、コンコルド広場に近い公園の中にあります。
レストランと一緒になっています。
いろんなコースがあり基本的にはお菓子と料理です。
なのでパンのクラスはなくて、どちらかというとクロワッサンはパティスリーの仕事なのでお菓子のクラスに講座があります。
パンは私が見た限りではクロワッサンとクグロフのコースがありました。

今回は日程が合う「クロワッサンとパン・オ・ショコラ」に参加しました。
実は当日、時間を間違えていて9時半からだと思い込んでいたら9時からでした・・・9時前には到着して前のベンチで休憩していて、9時を少し過ぎた頃に中に入ろうとしたときにそういえば9時からだった!と気づきました・・・絵文字名を入力してください

遅れて入ると、先生が握手で迎えてくれました。
まだ挨拶&朝食タイムでした!
フランスでは?(日本のコルドンブルーも途中で飲み物勝手に飲んでねという感じです)パンと飲み物が置いてあり、勝手に飲んでよいと言うスタイルですjumee☆coffee
遅れた私にも先生がコーヒーを入れてくださいました。

レシピと鉛筆、エプロン、トーションが用意されていました。
授業は仏語です。英語ができれば英語でも説明してくれそうです。

まずはできている生地を伸ばして成型して発酵。
発酵機はなく、発泡スチロール箱にお湯を入れるやり方です。
作業は共同の部分とクロワッサンの成型は個人個人で作業。

CIMG0031.jpg

CIMG0033.jpg


発酵中に生地作り。
はじめてみるやり方でした。
次回試してみたいな~ちな♪
CIMG0043.jpg


オーブンはロジェールの電気オーブンです。
我が家と同じメーカーですが、こちらはもう少し機能が付いています。
焼きが悪いと言うので一つのオーブンに1つの鉄板。

CIMG0051.jpg

CIMG0052.jpg


フランスらしいアバウトな部分もあるのですが温度だけはすご~く厳しく管理していました。
来ている方も特にいつもパンやお菓子を作っている方ばかりではなさそうなので少し物足りない感じはしましたが、いろいろしらないやり方もあり勉強になりました。
パン作りが初めてでも参加できる内容ですが、仏語・英語がある程度できないと厳しいと思います。
クロワッサンを作ったことのある方なら語学ができなくても雰囲気でわかるかもしれません。
お土産はできたパン10個、作った生地、その生地に折り込むバターとチョコ、すでに出来ていてあと成型するのみの生地です。
量的にはたくさんです。
ただパリの滞在がオーブン付きのアパートでないと無駄になってしまいますね・・・
私は午後にイタリアへ移動でしたので、一緒に参加した日本人の方に差し上げました。

CIMG0049.jpg

教室の風景

CIMG0057.jpg

外観です

CIMG0056.jpg

道具や本も販売されています。

申し込みがFAXのみなのでちゃんと届いたのか?
申し込みはOKなのか?
返事がなくちょっと心配でした。
私は事前に空席があるか聞いて、FAXを送り、予約OKか電話で確認しました。
時間があれば郵送でもよいと思います。

http://www.lenotre.fr/

0 Comments

Leave a comment