2011_10
11
(Tue)20:22

エティハド航空

今回の旅行はエティハド航空というアラブ首長国連邦のアブダビを拠点にした航空会社を利用しました。
同じ国ですがドバイを拠点にしたエミレーツ航空が名古屋は撤退してしまいエティハドが就航しました。

元々モロッコに行くつもりでしたのでもちろん安いというのもありますがエティハドになりました。

エティハド航空は名古屋から北京に行き、アブダビに行きます。
北京までは空いているのですが、北京で1時間の清掃と乗客の乗降があり、ドッと中国人が乗ってくるので満席です。
今はどこに行っても中国人ばかりです。
パリのヴィトンもほとんど中国人が占めてるよう・・・

写真の食事は朝食です。
オムレツなど・・・
行きの機内食はなんだか食べる気がしませんでしたが、なぜか帰りは美味しく感じました(笑)
ルナはチャイルドミールをリクエストしました。
こちらは子供用。
DSCF1012 - コピー

DSCF1013 - コピー


アメニティーは毛布と歯ブラシ、靴下、アイマスクが付いてます。
子供向けには異常にビニール臭いリュックにパズルやお絵かきノートや色鉛筆、カードが入ってました。
とりあえずこんなんでも30分位時間つぶしになりました。
これは往復共にアブダビーパリ間しかもらえませんでした。
エミレーツはお絵描きに加えてぬいぐるみが2つくらい入ったリュックが毎回もらえたので往復で4個になってしまいそれもそれで困ったけど(笑)
リュックよりも四角いポーチの方がまだ利用できるかな・・・
機内の映画は日本語があまりなくて残念。

DSCF1937.jpg

アブダビ空港はターミナルがいろいろありますが・・・往路に利用したターミナルはあまり買い物や食事するお店がなくてちょっと退屈です・・・マックが建設中でした。
2時間ほどでしたのでよかったのですが・・・
ドバイの方がお店やレストランもいろいろありおもしろかったです。

DSCF1011.jpg
アブダビ空港です。


アブダビまで北京経由なんで13時間。パリまで7時間。待ち時間も合わせて約23時間・・・
長旅でした。

次回も利用するかと聞かれたら・・・その時に安かったらまた利用するかな。
ずっとJALを愛用してて、もう名古屋から出ていないのですが癖でJALばかり検索してたけどパリまでは今では成田経由でほぼ同じ所要時間なのにANAの方が安いと帰国後に知り・・・JALとは縁を切ることにしたのでした。
しかもANAはエティハドでもマイルがたまるんです♪
JALカードも近々解約です!!



スポンサーサイト
2011_10
05
(Wed)22:23

パリの雑貨屋

もちろん雑貨屋さんもお休みが多いです(涙)
でも大きなところは開いてます。

子供服のボンポワンの創設者が開いた雑貨屋「Merci」
服や家具、キッチン雑貨などいろいろあります。
お値段も高いものから安いものまで、その時のテーマで置いてある商品も違うようですが・・・
あんまり好みでもないかな。
どちらかというとシンプル系です。
でもガラスのボウルが安くてかわいかったので買いました。
カフェも2つありランチもできます。

page22_20111005220519.jpg


Merciの斜め前にある雑貨屋さん。
こちらはフレンチカントリーでこういうお店の方が好きです。

page47_20111005220552.jpg

毎回必ず寄ります「Comptoir de Famille」。
でもちょっと飽きてきたかな・・・
滞在中に使う食器を2セット購入したのですが・・・
3枚裏が欠けてました。
裏と言うのは何というか名前がわからないけど、お椀で言う足というか、少し高さが出てる部分です。
まあ使うには不便じゃないし、何枚かある中で私が選んで買ったんだし、わざわざ交換に行くのも面倒だし、諦めましたが・・・
BHVにも大きなスペースで販売されてて驚きました。


page48_20111005220616.jpg


北欧のポップでカラフルな柄のRICE米というブランドの雑貨をよく見かけました。
ちょっとだけ日本的なキャラクターもあったりして・・・
食器はメラミンでできてて子供用によいな~と思いました。
すごくかわいかったのですが、荷物にならないスプーンだけ買いました(笑)
でもアンパンマンのスプーンしか使ってくれません(涙)

2011_10
02
(Sun)19:42

パリのアパート

後半のパリのアパートはこちらの会社にお願いしました。

部屋も貴族のような高級なお部屋からモダンなお部屋、シンプルなお部屋いろいろあります。
場所も値段もいろいろで詳しい情報や写真があり選びやすいです。

パリは何世紀も前からの古い建物が主なのでエレベーターがなかったり、あっても螺旋階段の間にエレベーターを設置しているのでものすごく狭いです。3人乗りとか・・・
なのでエレベーターがなくて6階の部屋だと少し安かったりします。


日本人の方がいるので日本語で契約まで出来ます。
でも大家さんとのやりとりは英語や仏語になります。

①申込みは日本語でHPで申込み。
②契約書を記入してFAXする
③申込金をカードで支払う
④大家さんに手付金を送金する(海外送金は郵便局が安くて2500円でした)
⑤火災保険に加入する (期間によりますが2000円ほどかかりました)
⑥大家さんにメールで連絡して当日の待ち合わせの時間など約束する
⑦当日、残りの家賃と保証金300ユーロを渡す
⑧最終日、部屋に問題がなければ300ユーロを返してもらう


今回は大人3名子供2名でしたので・・・
パリで中級位のホテルだと1部屋1万5000円~20000円以上します。
もちろんもっと安いホテルはあるのですが、場所が市内から遠かったり、狭かったり。
スーツケースを広げるのがやっとなんてところが多いんです。
そして冷蔵庫はないので買ったものを冷やしたり出来ないんです。

もちろん高級なホテルはそんなことないんだけど(笑)
貧乏旅行ですので1泊30000円のホテルにはとても2部屋×4泊できません・・・

今回はパリの市庁舎とマレ地区の間にあるST-PAUL近くのお部屋にしました。
美味しいパン屋さんにも行けるかな?というのが結構重要♪
朝、焼き立てパンを買いにいけるとうれしいですよね。
基本は大人4名のお部屋ですが、大人3名子供2名なので確認してOKでした。
フランスのアパートは一部屋ごとにお湯のタンクがあり使える量が決まっています。
お風呂で最初の人がたくさん使いすぎると後で入る人は水だけ・・・になっちゃいます。
なので1人用の部屋に何名かで泊まるなどお風呂的に無理です。
(基本的にもダメだと思うけど)

今回はエレベーター付きで4名部屋1泊150ユーロでした。
その他に保険料、送金手数料(郵便局が一番安い)、保証金(あとで帰ってくるけどユーロ圏最終日だと両替で手数料がとられます)かかりますがホテルよりは半分で済んでいます。

今回借りたお部屋はこちら・・・
ベッドはダブルベット、ソファーベッドになります。
バスタブもタオルもありました。
冷蔵庫は小型なので冷凍が弱かったのですが・・・
バターやジャムを買っておいて朝買ってきたパンを食べる・・・のは冷蔵庫がなくてはできません!
古い建物なので床がミシミシしますがご愛敬ですね。
なかなか快適でした。
何よりも場所がよいです。
デパートのBHVまで歩いてすぐ。スーパーのモノプリも2軒隣でした。

page333.jpg



また次回も利用しようと思います。

LOGIS


こちらの下の写真はアパートから少し?10分くらい?歩いたところにあるヴォージュ広場です。

page40_20111002194243.jpg







2011_09
29
(Thu)23:19

市場

ルーアンの市場ではきれいなお花を見かけました。
パリはお休みが多くあまり素敵な花屋さんを見つけられなくて残念でした。

cats375.jpg

page567.jpg

こちらはパリの市場です。
ゴルゴンゾーラがとろけて美味しそう・・・

page20_20110929231900.jpg



2011_09
11
(Sun)20:21

LA BASTIDE D'OPIO

友人に連れて行ってもらったお店。
サンジェルマンのジェラール・ミュロの近くにある南仏料理のお店です。
すご~く美味しくて安くて感激でした。
昼食のセットは
メインとサラダで13.1ユーロ
前菜とメインまたはメインとデザートで19.3ユーロ
前菜、メイン、デザートで25ユーロ
(ちょっと値段が微妙に違うかも・・・)

私はカモのアプリコットとはちみつソース。
カモの柑橘ソースは大好きなんです♪
前回も書きましたが・・・南仏らしく甘いソースのアクセントにハーブがほんのり利いててすご~く絶妙!!
相当美味しいです。
サラダは新鮮なきれいなサラダ(カフェで出てくるのは傷んでいることが多い)にドレッシングがきちんと和えられています。
素晴らしい!
パリでこんなに素敵なサラダ食べたことないです!
(毎回行く店が悪いんですが・・・)

友人は子羊。
ズッキーニの下に隠れています。
羊ちゃんも大好きなので悩んだのですが・・・美味しそうですね♪

こんなにおいしくて安いなんてパリではありえないです!!

パリに行かれたら・・・ぜひお勧めです。
お昼すぎたら混んできたので子連れな私たちはすぐに退参しました。

page49.jpg
  

la bastide d'opio


2011_09
10
(Sat)20:00

パリの紅茶

パリの紅茶巡りも今回の旅のテーマの一つです。
マリアージュはもうありきたりすぎてパスだな、と今回は小さな紅茶屋さんを狙ってたのですが・・・
でもほとんどお休みでした・・・
大手のお店は開いてますが・・・
一応、マリアージュにサロンドテにもよりましたが、子連れで行ける価格じゃなくて諦めました。
紅茶が10ユーロほど・・・
ジュースもなくて、子供が飲めるものがなく・・・
3人で紅茶1杯というのも微妙です。

「LE PALAIS DES THES ル・パレ・デ・テ」
今月、アイスティーでお出ししているのはこちらの紅茶です。
フレーバーも嫌味でなく香り豊かで美味しいと好評です♪
今日のお茶の試飲があります。
日本茶もたくさん置いてありますし、こんな日本的な茶筒まであります。
そうですね。
こんな鮮やかでかわいらしい茶筒が日本にはあるんですよね~

55.jpg

「DAMMANN FRERES ダマンフレール」
ダマン兄弟が始めたルイ14世のころからある老舗紅茶店。
ボージュ広場にあるとてもシックなお店です。
香りを確かめて注文すると大きな缶から紅茶を量ってくれます。
鉄瓶はフランスで人気ですがこちらのお店は種類も豊富。

page56_20110910202126.jpg
page57_20110910202252.jpg


「KUSUMI TEA クスミティー」
ロシア生まれのフランス育ち。
パッケージのかわいさや美味しさからして一番楽しみにしていました。
本店に行くもお休み(本店は他より1ユーロほど安いとか?)
最近パリでも人気なのかたくさんお店も出来ているし、どこのデパートでも売ってます。
後半のパリで滞在したアパートの近所にあるスーパー、モノプリにもあったのには驚いた。
でも6区のサロンドテは4年ほど前にオープンしたという記事を見ていて楽しみに出かけたのに
「2年前になくなったよ」とあっさり言われてしまい・・・ショックでした。

なぜか写真がないです(笑)
デパート内が多いからかな・・・

それにしてもパリやロンドンの水は硬水でカルキが多いせいか、茶渋というか紅茶に膜ができるし、色はすごく濃くて、時間が経つと恐ろしい色合い。
以前からそれは気になっていたけど、紅茶を学んでからさらに気になる。
ミネラルウォーターで淹れればもちろん大丈夫だけど・・・
ロンドンでもそうだし、日本で飲む紅茶が一番美味しいと実感したのでした。
紅茶教室の先生に話したら「そうなんですよ!日本の方がおいしいです」と言われました。
同じ紅茶の茶葉なのに日本で飲む方が香りもよく、色もきれいです。
そんな恵まれた環境、もっと日本で紅茶文化が広がるとよいな~と思いました。


2011_09
08
(Thu)21:19

Le petit josselin

一度はクレープを食べようと・・・
でもお店が休みなことが多い夏のパリ。
モンパルナス駅の近くにあるクレープリーが並んでるrue du Montparnasse なら開いてるお店もあるだろう!
と目指していきました。
有名なお店の「Josselin」はお休みでしたが姉妹店の「petit josselin」は開いていました。
混んでますが子連れで頑張って入りました。
かわいらしい内装です。

cats37.jpg

ここのクレープは4つに折られているので・・・
中身が見えません。
これ、自分がウェイトレスだったら中身が何だったか忘れたらやばいことになるよな~と。
変な心配したりして(笑)
久しぶりなフランスのガレット。
ガレットはそば粉のお食事用のクレープです。
外側はカリカリッとしてとても香ばしく美味しい。
こんなに美味しかったんだ~と感動☆
中身は・・・なんだったんだろう?忘れてしまいました。
カリッと香ばしかったことだけは記憶してます。

cats_20110908212502.jpg

デザートはチョコと洋ナシにしました。
ボリューム満点ですね~

Crêperie Le Petit Josselin
59, rue du Montparnasse 75014 Paris
TEL : 01 43 22 91 81
11:30〜15:00、18:30〜23:00 / 金・土18:00〜23:30
定休日 : 日
メトロ : 6番線Edgar-Quinet / 4、6、12、13番線Montparnasse Bienvenue